04.01.26 先月の野望

 そうそう。毎年、年末になると頭を悩ませていることと言えば、年賀状だけではない。実は、明石家サンタのネタにもここ数年頭を悩ませて続けているのである。笑える不幸ネタを作って一回アレに応募してみたいと思っているのだけど、どうも良いネタが思いつかない。ルールとしては、「不幸であること」、「笑えること」、「捏造しても罪にならないような話であること」の3点なんだけど、それがなかなか難しい。
 まあ、ネタを作らずとも不幸な話があれば、それを出せば良いのだけどね。ただ、わたしの日常がそこまで不幸ではないのが残念である。今年もいくつか考えたのだけど、どれもイマイチで放送電波に乗せられる代物ではなかった。まあ、思いつかなきゃ出さなきゃ良いかと諦めてしまう。毎年そうなのである。なんか一発笑いが取れる不幸ネタってないだろうか。

 そこで、いっそのことバビル二世ネタでもやろうかと思ったのである。といっても、わからない人が多いかもしれない。先月のおまけ日記のネタ話だ。この回の分は日記才人に更新報告をしなかったし、先月はそれしか書かなかった。読んだ人は少なかっただろう。どんな話かというと、まあ過去おまけから先月分を辿って読んで貰えば良いと思う。結構長い。

トゥルルル……、トゥルルル……、ガシャッ

さんま:「もしもしー」
バビル:「あっ、もしもしー」
さんま:「お名前は?」
バビル:「あっ、ええと、その、バビル二世ということでお願いします」
さんま:「どちらにお住まいで?」
バビル:「秘密ということでお願いします」
さんま:「そうでっか。では、どのような不幸で?」
バビル:「聞いてくださいよ。さんまさん。あのですね。最近アメリカがガンガン空爆してきて大変なんですよ」
さんま:「なんですか。それは」
バビル:「なんでもバビルの塔に大量破壊兵器があるとかどうしたとか」
さんま:「ネタは要らんって」
バビル:「いえ、イランでなくてイラクの話なんですが……」
さんま:「ひゃーっ、ほな切るで」
バビル:「あっ、待ってください。さんまさん」
さんま:「なんや」
バビル:「毎日ヒマなもんで、インターネットで暇つぶししているんですが……」
さんま:「ほう」
バビル:「うちのコンピュータが旧式なんで、エッチ画像を表示させようとしても、穴の空いた紙テープが出てくるだけなんですよ」
さんま:「ん?」
バビル:「それでですね。コンピュータでは寂しい気持ちを紛らわすことができないもんで、ロデムを女の子に変身させてエッチしようとしたんですよ」
さんま:「ひゃーっ」
バビル:「そうしたら、ロデムに逃げられてしまいました。しもべにまで逃げられてしまうなんて、ものすごく不幸でしょ」
さんま:「だからネタは要らんて。切るで」
バビル:「ああ、最後に一言」
さんま:「なんや」
バビル:「八木さん。僕のバビル三世を産んでくださーい」

 プツッ……、プー……、プー……、ガシャ(受話器を置いた音)

 うーん。どんなもんだろう。実は、一瞬やってみようと考えたんだけど、ここに載せる前にネタを使ってしまうのもなんなので止めておいた。バビル二世の話は、結構時間がかかってしまったんだなあ。十二月の頭から書き始めて、クリスマスが済んだ頃にようやっと書き終わったのである。時間かけすぎだ。

前へ 次へ