第27回 96.11.07くらい 『ふられみやちょ』

 いやはや、わたしはどうしてこうモテないのだろうか。フラれ続けて50年、今日もまた、わたしはフラれるのであった。
 今わたしは、恋の病を患っているのだ。お医者様でも、クア・リゾート草津でも治せないというヤツだ。胸がこう苦しいのだ。飯もロクに喉を通らないので、大変困っているのだ。

 悩んでもしょうがない。こういう時は、行動あるのみだ。結果を恐れては、何もできない。「見る前に跳べ」である。似たようなものとして、「食べる前に飲む」というのもある。そういうわけで、大正漢方胃腸薬を飲んだのだ。

 すると、どうしたことだろう。さっきまで、あんなにヒドかったムネヤケがウソのように消え去ったのだ。なるほど、これは良い。すっきりしたので、今日のところは寝ることにしよう。

 というワケで、昨日の分はおしまいだ。では、また会う日まで。


96年目次