第5回 96.09.16くらい 『ビデオ予約について考える』

 ええと、みやちょです。2日も続けて書くとまるで日記のようだ。まあ、日記なんだけど。

 もうずいぶん前のことになるけど、ビデオの予約を失敗した。もっともビデオの予約を失敗することは、日常茶飯事なのだ。どれくらい日常茶飯事かというと、飯を食うこととお茶を飲むことの次に日常茶飯事なのである。まあ、それくらい日常茶飯事なので、いつのことだか忘れてしまったのである。
 ビデオの予約を失敗するのは、大抵野球中継が原因だ。中継の延長などするものだから、予約が狂ってしまう。そもそも、あの延長というのはなんだろうか? 延長をしないことの方が稀である。最初からそれだけの枠を取っていてもらったほうが、こちらとしてはありがたいのだ。

 また、ビデオ機器メーカーも考えてほしいものだ。野球中継があった場合、自動的に録画時間を変更してくれるものを開発してほしいものである。日時とチャンネルをエンコードしただけのGコードなんて中途半端な代物だと思う。番組ごとにIDを持たせた方が良いだろう。それで、野球中継などで放送時間がズレた時、何か適当な信号を流して、自動的に録画時間を変更するのだ。これで、野球ファンも引け目を感じずに済むというものである。

 さて、上記のことを踏まえず、わたしも新しい録画予約の方式を検討してみた。踏まえずだ。Gコードの売りというのは、比較的簡単に予約ができるということだ。しかし、それでもワケのわからない数字を入力しなくてはならず、簡単とは言い難いだろう。わたしが考えたのはもっと簡単で、レバーを上下させるだけで予約ができてしまうという代物である。その名も、「自慰行為予約」というのだ。エヘン。

 スミマセン。エヘンと威張るようなものではありませんでした。どういうシステムかというと、非常に説明しにくいものがある。実演するにはちと憚れるので、今日は写真は無しと言うことでお願いしたい。わたしはこれで特許を取ろうと思っているのだが、弁理士の先生によると、「アダルト番組しか予約できないのが難点だね。」と言われてしまった。あと、一日に予約できる数にも問題あるかもしれない。そう体力は続かないのだ。

 というわけで、今日はシモネタに終始してしまった。女性の皆様、スイマセン。


 ええと、今日というか昨日というか日記猿人に登録しました。日記猿人というシステムは、前から知っていたのですが、なんとなく参加する気はありませんでした。なんとなくというのは、日記っぽいものを書くつもりはなかったということと、毎日書くのが大変だということなんですが、なんとなくではないですね。スイマセン。

 参加した理由というのは、一時の気の迷いです。まあ、知り合いの日記からリンクされて、日記者といわれる人達がそこそこ来るようになっちゃったんで、ついでだから、わたしも日記者として参加してしまおうということです。というわけで、これからもよろしく。

 あと、新屋についてであるが、なんとなく「新屋」と呼び捨てにするのは、歯切れが悪い。普通、身内のものを紹介する時は、たとえ社長でも呼び捨てにするのが礼儀らしいので、呼び捨てにしているのだが、なんか変だ。だからといって、「新屋さん」というのは、もっと気味が悪い。よくよく考えると、普段わたしは、「新屋」とか「新屋さん」とか呼んだことがないのである。

 では、普段なんて呼んでいるかというと、「エフコ」もしくは「エフコくん」なのである。つまり、「新屋」と「エフコ」は同じことなので、これからの作文で出てきた場合は注意されたしということなのだ。

 というワケで、今日の分はおしまいだ。では、また会う日まで。

96年目次